稲門書道会とは

去ること昭和29年(1954)に、往時の早稲田大学書道会卒会生によって設立された卒会生の親睦団体、俗に言うOB会です。

早稲田大学書道会と共に歩み今日に至る60年余の連綿たる歴史と、多くの会員を有する本会は、世代を越えたさまざまな出会いをもたらす可能性をもつと自負しております。

本会会則(平成22年度より施行)第2条に「本会は、伝統ある書道文化の研鑽と発展をめざして、会員相互の親睦と交流を深めるとともに、早稲田大学書道会及びその会員の活動を支援することを目的とする」とあります。

従って、会員同士の親睦はもとより、さまざまな支援を含む現役書道会との密なる関係を期してまいりたいと思っています。

つきましては、新卒会生が本会にご入会され、今後とも深い繋がりを持っていただけることを念願するものであります。